A+ A A-

1歳~3歳部門について

幼少期の積極的な舞台体験は、非常に大きな成長のきっかけとなります。しかし、その為の機会は決して多いとは言えません。日本ジュニアヴァイオリンコンクールでは早期からの舞台体験の環境を提供するために1歳部門、2歳部門、3歳部門を設けました。

お子様にとって有意義な場となるよう、最大限のサポートをいたします。以下説明をお読みになり、御不明な点はお気軽に事務局までお問い合わせ下さい。

【演奏中について】

1歳、2歳、3歳の部門は以下の事が可能です。

  • 保護者あるいは指導者による演奏中の舞台上での付き添い
  • 必要に応じて演奏自体のサポート

演奏中に横で付き添われることに加え、演奏自体のサポートをされても構いません。

どのような状態になっても可能な限りやり遂げられるよう、レッスンの時のように状況に応じて言葉をかけたり、歌ったり、手をとって誘導したりと、その時必要な演奏サポートをなさるようお勧めいたします。

私達は、このコンクールでの体験が「大きな自信」という成功体験になることを願っております。

この体験をより有意義な機会にするためには、お子様の状況を保護者と事務局の双方で把握している事が大切です。演奏に関して事務局が事前に配慮出来るよう、期間的に余裕をもってお申込み下さいますようお願いいたします。

【曲について】

開放弦の演奏から受け入れております。

【授賞について】

様々な成長段階にあるお子様達にとって、励みになるように賞体系を決めております。1歳、2歳に関しましては「音は少ししか出せなかったが、舞台に出て楽器を構えられた」というレベルから前向きに評価する方針です。

【その他】

気になられる点、御不明な点は、その都度お気軽に事務局までお問い合わせ下さい。事務局が時間をとって検討できるよう、メールでお問い合わせ下さい。